1.「あなたの花を咲かせてください」


    これは、ある先生が残した言葉だった。

    人には、それぞれの個性がある。花にたとえたら、バラかもしれないし、たんぽぽかもし 
    れない。チューリップ、ひまわり。どんな花も、それぞれ良さがある。あなた自信の花を
    枯らしてはいませんか?周りに流されて、自分を失っていませんか?一人ひとりの持つ花
    を最高に、咲かせてください。

    私の花って、何かなぁと思った。自分を殺しているのかもしれないなと思った。生きてい
    る中で時折、疲れるなぁと思うことがある。作っている自分に気付いた時は、情けないっ
    ていうか・・・。私らしく、生きていこう。

 

    Back→