9.勘違い


    私が、今のバイトを始めたのが大学一年生の時。ちょうどその時にお世話になった女の社員
  さんの名は、ちえさん。ご自宅にもお伺いして、飲み友達のようにもなっていた。ちえさん
  のだんなさんとも、仲良くなった。そのまま「だんなさん」と呼んでいる。ちえさんが、お
  仕事をやめられてからは、あまり会わなくなっていた。そしてつい最近、また、お話をする
  ようになった。

  だんなさんは、とてもしっかりしている方で、かっこいい。尊敬できる人だ。話しをすると
  言っても、それはさまざまな方面に渡る。
  最近話したのが、「勘違い」。これがまた、あーそうかと思わせるんだよね。例えば、人を
  好きになるということ。女は特にそうらしい。今にも壊れそうなつり橋を渡らなくてはなら
  ない。とっても怖いんだよ。そこに、手を貸してくれた男性。ただ、手を貸してくれただけ
  なのに、心ときめくんだって。それから、こんな話しも。相談事を持ちかけた、男性に恋を
  する。最終的には、自分自身で決断して解決していくものだ。なのに、その相談事が解決し
  たのは、相談に乗ってくれた男性のおかげと「勘違い」してしまう。ありがちな話でしょ
  う?みんながみんな、そうとは言えないのだろうけれど。

  私は勘違いの女王だね、きっと。ああ、涙出てくるよ。

  

 

    Back→