12.信じること


    人を信じる事って、大切なことだと思う。でも、馬鹿正直に誰でも信じていたら、とんでも
  ない目にあってしまうだろう。それだけ、相手がどういう人なのか。見極めながら信じてい
  かなければならないと考える。そう考える一方、いちいちそんなことを考えてる暇もないな
  と思うこともある。うーん、難しい。

  でも、みんなを信じたいと思うのがふつうであると思う。
  「信じた私が、おろかだった」と思った出来事があった。今まで、決して裏切ることのな
  かった人。本当の友達だと思っていた人だったから、余計に悲しくなってしまった。それだ
  け、心の傷は大きい。今でも、胸が痛む。

  誰も信じられなくなったら、人間おしまいだ。だから、私はこの人のことをもう一度信じて
  みる。信じさせて。

 

    Back→